vsn

visual studies network

about VSN:VSNについて

VSN(Visual Studies Network)とは、視覚や視覚文化に関する多種多様な教育・研究をつなぐネットワークです。絵画、彫刻、現代アート、建築、舞踏、映画、写真、テレビ、漫画、アニメーション、モニュメント、ウェブサイト、広告、地図などはもちろんのこと、記憶、想像、認知、幻覚など視覚や視覚イメージに関するものであればどんなことでも射程に入ります。視覚・視覚文化に関わるさまざまな問題を、人間・社会・文化をトータルに見据えながら考えていくことがそのねらいです。

このネットワークを立ち上げた理由には主に二つのことがあります。
まず第1に、視覚・視覚文化の問題は、従来の細分化された専門的な枠組みの研究ではカバーしきれないことがわかってきています。たとえば、視覚芸術が、社会、歴史、道徳、経済、政治、科学の問題から切り離されて純粋に成立すると考える研究者はほとんどいないでしょう。VSNは、これまで個々の領域で培われてきた専門的な研究成果を結集させつつ、その垣根を超えて「視覚」をキー・コンセプトにして人々を関わらせ、小さな枠組みにとどまっていては見えてこない新しい知見や洞察を促します。
第2に、私たちが現在生きている社会の問題があります。「現代社会は従来になく視覚イメージに支配されている」という見解の当否についてはおくにしても、日々移り行く視覚メディアと人間・社会との関係を考えていくためには、過去や未来との関連も含めて、総合的な見地に立った見方が不可欠です。VSNは、異なる分野の英知を有機的に結びつけ、現代的な課題に積極的に取り組むことを奨励します。

VSNは、名古屋大学に拠点を置いていますが、特定の人たちだけのものではありません。参加者----メーリングリスト登録者----全員のためのものです。メーリングリストは、商用目的やいたずら・誹謗・中傷を目当てにしていない限り、どなたでも登録できます。また、これにより、情報の発信や受信、意見の交換を行うことができます。当ネットワークの最低限の管理・運営は、これを立ち上げた学内の教員・院生によって行いますが、学内外の別を問わず誰でもVSNを利用して、イベントを開催したり提案したりすることが可能です。企画を持ちかけたい方は、メーリングリストで直接提案するか、コーディネータに相談してください。
また、VSNは、新しい世代の育成に尽力します。とりわけ、現在名古屋大学に在籍している学生・院生、あるいはこれから名古屋大学に入りたいと思っている人たちのために力を注ぎます。名古屋大学には現在、ヴィジュアル・スタディーズを公式に専攻できる学部・研究科は存在しませんが、所属以外の学部・研究科での単位履修はある程度認められているので、VSNは、このネットワークを生かしてVS関連の教員や科目を紹介することにより、視覚・視覚文化の研究を志す学生・院生を支援します。定期的に開催されるフォーラムもこれに役立つものと考えています。これらに関して詳しくはコーディネータに問い合わせてください。また、逆に、そうした学生・院生の皆さんからの積極的な企画の提案も期待しています。

VSNの核となるものとして、VSNフォーラムがあります。これは、定期的にフォーラムを開き、視覚文化に関係するさまざまなテーマで議論するものです。詳しくは、forumページをご覧ください。また、MLを通して、名古屋大学その他で開催されるVS関連のイベントをお知らせするとともに、参加者----メーリングリスト登録者----からのMLによる学会・研究会・シンポジウム・展覧会などに関する情報の提供や、企画の提案を歓迎いたします。

page top