vsn

visual studies network

event:イベント

■2009年一覧

VSN関連のイベント,フォーラム

2010.01.29

フォーラム第4回 平倉圭「泥の解読:ロバート・スミッソンのダイアグラム」

平倉圭氏
(東京大学UTCP特任研究員、表象分析・知覚論)

「泥の解読:ロバート・スミッソンのダイアグラム」

VSN関連のイベント

2009.11.25

オープンセミナー・五十殿利治氏「戦時下の美術」

オープン・セミナー
「戦時下の美術活動―雑誌『新美術』掲載広告にみる」
講師:五十殿利治(筑波大学大学院教授/人間総合科学研究科長)
関連HP:http://www.lit.nagoya-u.ac.jp/%7Ejculture/osirase.htm

会場:名古屋大学文学部大会議室
入場自由(予約不要)

VSN関連のイベント,フォーラム

2009.07.27

フォーラム第3回 生井英考「映画における戦争と人種」

生井英考氏
(共立女子大学教授、視覚文化論・アメリカ研究)

「映画における戦争と人種」

VSN関連のイベント,フォーラム

2009.04.23

フォーラム第2回 友田義行「映像と言語をめぐる論争」

友田義行氏
(立命館大学衣笠総合研究機構ポストドクトラルフェロー)

「映像と言語をめぐる論争」

VSN関連のイベント

2009.03.24

国際シンポジウム「身体感覚」

第 4 回感覚設計国際シンポジウム
4th international symposium on multi-sensory design
テーマ「身体感覚」

VSN関連のイベント

2009.03.17

講演 "Gedenken ohne Erinnerung?"『記憶なき想起』

Vortrag von Prof. Dr. Monika Schmitz-Emans(Universitaet Bochum, Komparatistik)
モーニカ・シュミッツ=エーマンス教授(ボーフム大学、比較文学)

"Gedenken ohne Erinnerung? W. G. Sebalds Arrangements aus Erzahlung und Photographie" 『記憶なき想起?--W.G・ゼーバルトにおける物語と写真の配置』

時間:

16:00 - 18:00

場所:

名古屋大学・文系総合館6F、ファカルティラウンジ

主催:

日本独文学会東海支部・名古屋大学大学院・国際言語文化研究科、先端文化論講座

使用言語:

ドイツ語 通訳なし

VSN関連のイベント,フォーラム

2009.02.20

フォーラム第1回 佐藤守弘「故郷とノスタルジア」

佐藤守弘氏
(京都精華大学准教授、景観表象・写真論・美術史)

「故郷とノスタルジア――文化的実践としての〈風景〉写真」

時間:

17:00〜19:00

場所:

 名古屋大学情報文化学部棟4階SIS4(下記URL キャンパスマップ41番)

ホームページ

VSN関連のイベント

2009.01.09〜2009.01.11

国際シンポジウム「イメージとしての戦後」

 単たる時代区分にとどまらない、長引く日本の「戦後」。この観念としての「戦後」が、戦前戦中との連続性と植民地主義・帝国主義の負の遺産を忘却させる装置として働いてきたことは、すでに繰り返し指摘されてきたところである。「戦後」はどのようなイメージとして産出され流通してきたのか、歴史がいやおうなくイメージとして消費される現代社会にあって私たちはそのイメージにどのように向き合うべきなのか──。本シンポジウムでは、これらの問題を、グローバルな展望に立ちつつ多様な視点から考える。

page top