vsn

visual studies network

event:イベント

■フォーラム

フォーラム,VSN関連のイベント

2013.11.13

フォーラム第14回 (特別企画)「映画でフクシマを問う」:『A2-B-C』上映+イアン・トーマス・アッシュ監督トーク

フォーラム第14回 (特別企画)
「映画でフクシマを問う」

『A2-B-C』上映+イアン・トーマス・アッシュ監督トーク


東日本大震災による福島第一原子力発電所の事故から2年半もの月日が経ちました. この間, それまであまり意識されていなかったさまざまな問題が浮上してきたことは周知の通りですが, 中でも「情報格差」もしくは事態の認識の差による分断はきわめて深刻な社会問題だと言えるます. それは, マス・メディアとソーシャル・メディアの間の情報の違いとして認識されるようになったものであり, また放射線量, 医療, 除染などについての政府の見解や政策に対する家庭内や地域コミュニティ内での信・不信の差と軋轢という形で現われてきたものでもあります. イアン・トーマス・アッシュ監督の最新作のドキュメンタリー映画『A2-B-C』は, 甲状腺検査のやり方と除染に不信を抱く人たちに密着しながら, 情報に, さらにはその現実にどう向き合うべきかを私たちに問いかけます. 今回のフォーラムでは, こうした問題を監督と一緒に考えたいと思います.

イアン・トーマス・アッシュ(Ian Thomas Ash):
アメリカ生まれ. イギリスのブリストル大学で映画制作のMAを取得. 最初の長編ドキュメンタリー『the ballad of vicki and jake』(06年)が, スイスドキュメンタリー映画祭でグランプリを受賞. 本作『A2-B-C』も, ニッポンコネクション(フランクフルト)やグアム国際映画祭などで数々の賞を受賞している.

日時

11月13日(水) 16:15開場  16:30上映開始  18:00トーク開始 《入場無料・事前予約不要》

場所

名古屋大学文学共同館1AB号室

キャンパスマップ

http://www.nagoya-u.ac.jp/access-map/index.html

VSN関連のイベント,フォーラム

2013.06.13

VSN Forum XIII "Introducing Fresh Currents: For Local/Global Interactions in Cinema and Photography at Nagoya"

Speakers & Topics:

Ju Wujung (Visiting Scholar, Nagoya University) on Ozu and early talkie

Michael Crandol (PhD candidate, University of Minnesota) on horror films

Clary Estes (Photo-journalist, Corcoran Collage of Art and Design) on photo-journalism and photography in the Obsessional Art

Ma Ran (Post-doctoral fellow, Osaka City University) on film festivals and Chinese independent cinema

Time

5:00-7:00 pm, 13th June, 2013

Venue

Rm 208, 2nd Fl., School of Letters, Nagoya University

Language

English (but questions in Japanese are also welcome in Q&A)

Organizer&Chair

Hideaki Fujiki/ VSN (http://visual-studies.net)

No preregistration required

VSN関連のイベント,フォーラム

2012.08.02

フォーラム第12回 (特別企画)「映画をとおして原発と社会を考える」  鎌仲ひとみ監督トーク+映画上映

フォーラム第12回(特別企画)
「映画をとおして原発と社会を考える」

鎌仲ひとみ監督トーク+『内部被ばくを生き抜く』上映


原発、内部被ばく、脱原発デモ、瓦礫広域処理・・・。 3.11以来、私たちをとりまく社会環境は一変しました。 今まで当たり前のように安全だと思われていた日常生活が 危機にさらされ、これから私たちはどう生きていくべきな のか、そのためにはどのような社会にしていくべきなのか を、一人ひとりがいやおうなく考えざるを得ない状況が生 まれています。また、マスメディア、インターネット、 ソーシャルネットワーク上では、食料・水・空気の安全性 や被ばくの実態などをめぐって様々な情報が飛び交い、何 を信用してよいのかわからないような状況が生じていま す。こうした現実に直面している今、私たちは何をどう志 向していくべきなのでしょうか。長年にわたって放射能汚 染とエネルギー問題を追究してきた、映像ジャーナリスト の鎌仲ひとみさんと一緒に考えます。

VSN関連のイベント,フォーラム

2012.07.11

フォーラム第11回 朴炫貞氏・荒川歩氏「映像を通して視覚を拡張する映像ワークショップ:美術/教育と心理学の対話」 

朴炫貞(パク・ヒョンジョン)氏:
武蔵野美術大学博士後期課程在学中。韓国・ソウル生まれ。映像作品を制作しながら、映像を用いた新たな経験の場として子どもや大人までを対象とするワークショップを企画。主な作品として「雨」「Space Clock」「So Far, So Near」「GATE」など。進行中のプロジェクトとして、子どものアニメーション制作企画「SOUP project」、東北の子どもとインスタントカメラで表現する「SHUN project」、大人対象の「24x24」など。

荒川歩(アラカワ・アユム)氏:
武蔵野美術大学造形学部専任講師。大阪生まれ、同志社大学文学部博士課程心理学専攻修了(博士[心理学])。専門分野は、心理学史、法と心理学、ゲーミング、身振り、非言語コミュニケーションなど。主な共編著に、「考えるための心理学」(武蔵野美術大学出版局)、「心理学のポイントシリーズ心理学史」(学文社)、「<境界>の今をたどる」(東信堂)ほか。

VSN関連のイベント,フォーラム

2011.10.28

フォーラム第10回  秋庭史典・粟田大輔・水野勝仁 「『あたらしい美学をつくる』の楽しみ方」

●秋庭史典氏:名古屋大学大学院情報科学研究科准教授。美学。

●粟田大輔氏:東京藝術大学、玉川大学非常勤講師。美術評論。論考に「榎倉康二における出来事性と層の構成」、「書き換えられるシステム」など。展覧会企画に「ヴィヴィッド・マテリアル」など。「comos」メンバー。

●水野勝仁氏:東京藝術大学、名古屋芸術大学非常勤講師。メディアアート、インターフェイス論。論考に「あいだを移行する「↑」」、「「薄さ」を与えられた平面」など。

VSN関連のイベント,フォーラム

2011.05.18

フォーラム第9回 岩城覚久「もうひとつのVR ─イメージ・プロセッサとしての身体をめぐって」

岩城覚久氏(関西学院大学大学院研究員・美学,映像論)

「もうひとつのVR ─イメージ・プロセッサとしての身体をめぐって」

VSN関連のイベント,フォーラム

2011.03.01

フォーラム第8回 ミツヨ・ワダ・マルシアーノ「デジタル時代の日本映画」

ミツヨ・ワダ・マルシアーノ氏
(カールトン大学准教授/国際日本文化研究センター客員研究員2010-2011, 映画研究)

「デジタル時代の日本映画」

VSN関連のイベント,フォーラム

2010.12.17

フォーラム第7回 戸田山和久・井上研「脳画像を用いた認知研究の落とし穴」

戸田山和久氏
(名古屋大学大学院情報科学研究科教授・科学哲学、論理学、科学技術史)

井上研氏
(名古屋大学大学院情報科学研究科博士後期課程、科学哲学[心理学の哲学、地球惑星科学の哲学])

「脳画像を用いた認知研究の落とし穴」

VSN関連のイベント,フォーラム

2010.09.15

フォーラム第6回 浜野志保「念写術と写真術―パラノーマル写真史の構築へ向けて」

浜野志保氏
(千葉工業大学工学部助教・視覚文化史,心霊主義,疑似科学)

「念写術と写真術―パラノーマル写真史の構築へ向けて」

VSN関連のイベント,フォーラム

2010.04.28

フォーラム第5回 金井直「彫刻というコスメティック―カノーヴァとペノーネにふれながら」

金井直氏
(信州大学人文学部准教授、新古典主義・近現代彫刻)

「彫刻というコスメティック―カノーヴァとペノーネにふれながら」

VSN関連のイベント,フォーラム

2010.01.29

フォーラム第4回 平倉圭「泥の解読:ロバート・スミッソンのダイアグラム」

平倉圭氏
(東京大学UTCP特任研究員、表象分析・知覚論)

「泥の解読:ロバート・スミッソンのダイアグラム」

VSN関連のイベント,フォーラム

2009.07.27

フォーラム第3回 生井英考「映画における戦争と人種」

生井英考氏
(共立女子大学教授、視覚文化論・アメリカ研究)

「映画における戦争と人種」

VSN関連のイベント,フォーラム

2009.04.23

フォーラム第2回 友田義行「映像と言語をめぐる論争」

友田義行氏
(立命館大学衣笠総合研究機構ポストドクトラルフェロー)

「映像と言語をめぐる論争」

VSN関連のイベント,フォーラム

2009.02.20

フォーラム第1回 佐藤守弘「故郷とノスタルジア」

佐藤守弘氏
(京都精華大学准教授、景観表象・写真論・美術史)

「故郷とノスタルジア――文化的実践としての〈風景〉写真」

時間:

17:00〜19:00

場所:

 名古屋大学情報文化学部棟4階SIS4(下記URL キャンパスマップ41番)

ホームページ

page top