vsn

visual studies network

event:イベント

VSN関連のイベント

2014.01.25~2014.01.26

国際シンポジウム「都市の中の外国人」

国際シンポジウム「都市の中の外国人」

2014年1月25日(土), 26(日)/ 2014. Jan. 25 (Sat.), 26(Sun.)

会場:名古屋大学文系総合館7階 カンファランス・ホール
主催:名古屋大学文学研究科附属「アジアの中の日本文化」研究
センター(JACRC)

******
International Symposium: "Foreigners in Cities"

Dates: 25-26 January, 2014
Venue: Conference Hall, Integrated Research Bldg. for Humanities & Social Sciences, Nagoya University
(http://en.nagoya-u.ac.jp/map/index.html)
Language: Japanese-English simultaneous interpretation
Free admission, No registration required
Organized by the Japan-in-Asia Cultural Research Center, Nagoya University

[趣旨]
「外国人出ていけ!」。日本やアジアを含めて世界中のあちこちで唱えられてい
るこのような排外主義的なメッセージ(「普遍語」と呼んでもよい)は、常に今
日的で歴史的な議論を誘発してやまない。グローバリゼーションの進展によって
ナショナルなもの、あるいはローカルなものとコスモポリタニズムとの葛藤や衝
突があらゆる場所で生起するようになってきており、人文学の分野においてもこ
の問題に応接することは、いまや不可避の課題となっている。もちろんこれは
21世紀初頭の現代だけに固有の問題ではなく、地球上の至る所で人々が地域の境
界や国境線をこえて移動し続けてきた歴史的な層を成す問題系でもあるのだが、
グローバリズムの現在性という視角を得ることによって、それら歴史的な問題系
にも新たな照明があてられるようになったのではないだろうか。

もちろんローカルなものとグローバルなものとが呼びかけあい応答しあう過程で、
今まで経験したことがない、新しいコミュニティとネットワークの文化を創出す
るという、新しい対話を模索する可能性の実験場が生みだされるという面がある
ことも見逃せない。これらの葛藤の場でありまた可能性の実験場でもあるという
両義的な場として都市を措定し、その両義性を生きる人々として都市の中の外国
人のことを考えることができるだろう。

本シンポジウムでは、労働・生活・文化等様々な状況における在日外国人や海外
における外国人に関わる主題を取り上げて、歴史的そして/あるいは理論的なパー
スペクティヴも導入しながら上記の葛藤と対話というグローバリズムに内包され
る両義的な問題について議論を深めたい。
****
"Foreigners, get out!" Found anywhere in the world, including Japan and Asia, such an exclusivist message (or one might also call it a "universalist phrase") has engendered at once historical and ever-contemporary controversies. In recent years, globalization has increasingly induced conflicts and clashes between cosmopolitanism and the national or the local everywhere in the world. Thus, it is necessary to deal with this issue even in humanities. Certainly, these are not matters specific to the early twenty-first century but are problematics resulting from the human history in which people around the globe have continued to move beyond national and regional boundaries. Nevertheless, it is by taking a contemporary vantage point on globalism that we can bring these historical problematics into new light.

Of course, we cannot overlook the fact that the process whereby the local and the global interact with each other may involve experimentation with the promotion of a new form of dialogue that creates an unprecedented culture of community and network. Thus, we could define a "city" as the site in which conflicts and possibilities coexist, thereby envisioning "foreigners in cities" as people who temporarily stay or live in such an ambivalent site.

This symposium will look at the issues concerning foreign residents and visitors in Japan and in other countries who are situated in various conditions in terms of work, life, and culture. In so doing, we would like to discuss, from a historical and theoretical perspective, the ambivalent problematics of a globalism that involves conflicts and dialogues.

【スケジュール】
◉1月25日(土)13:30-18:00
[シンポジウム1]「都市の中のコリアン/コリアンの中の都市」
•オリヴァー・デュー (明治学院大学・JSPS外国人特別研究員)
"Imujin-gawa/ Kamo-gawa: pop appropriation in the season of politics"
•申知瑛(一橋大学大学院博士課程)
「植民地の都市空間と複数の地方化――台湾博覧会と朝鮮博覧会を中心に」
•張ユリ(名古屋大学大学院博士課程)
「東京の中の朝鮮モダニストたち――1930年代の馬海松・李箱・林和――」

◉1月26日(日)10:15-17:50
[シンポジウム2]「都市の中の外国人」
•冨山一郎(同志社大学)
「戒厳状態を想起するということー国家の非合法性とレイシズム」
•シンディー・ワン(ニューヨーク市立大学)
"The Perfect "Other": Chinatowns' Global Histories"
•日比嘉高(名古屋大学)
「日系移民とロサンゼルス・オリンピック1932」

****
25th Jan. (Sat.): 13:30-18:00
Simposium I: Koreans in Cities/ Cities in Koreans

Oliver Dew (JSPS Researcher/ Meiji gakuin University)
"Imujin-gawa/ Kamo-gawa: Pop appropriation in the season of politics"

Shin Ji young (Ph.D. candidate, Hitotsubashi University)
"The urban space of the colony and the localizations: Taiwanese Exposition and Korean Exposition"

Jang You lee (Ph.D. candidate, Nagoya University)
"Korean modernists in Tokyo: Ma hae song, Yi Sang, and Im Hwa in the 1930s"

Comment by Kristina Iwata-Weickgenannt (Nagoya University)
Discussion (Chair: Ikeuchi Satoshi, Nagoya University)

***
26th Jan. (Sun.): 10:15-18:00
Symposium II: Foreigners in Cities

Toyama Ichiro (Doshisha University)
"Recalling the circumstances under martial law: Racism and the illegality of the state"

Cindy Wong (City University of New York)
"The perfect 'Other': Chinatowns' global histories"

Hibi Yoshitaka (Nagoya University)
"Japanese immigrants in the U.S. and the 1932 Los Angeles Olympics"

Comment by Ma Ran (Nagoya University)
Discussion (Chair: Fujiki Hideaki, Nagoya University)

Roundtable Discussion (Chair: Tsuboi Hideto, Nagoya University)


page top