vsn

visual studies network

forum:フォーラム

定期的にVSNフォーラムを開催します。各回の内容については、トップページおよび「イベント情報」にてご案内いたします。入場は無料で、どなたでも予約なしに参加できます。興味のある方はぜひお立ち寄りください。

趣旨

視覚文化に関係するさまざまなテーマでフォーラムを開催し議論を積み重ねていくことで、既存の枠や制度にとらわれない超領域的なネットワークを築き広めていくことをねらいとしています。また、「どうつなぐか」をテーマに、美学、美術史、映画研究、写真論、現代アート、身体論、アニメーション論、漫画論、建築論、都市論、デザイン論、文学、思想など、これまでとかく別個の専門領域で行われてきた多様な研究を有意義な形で結びつけていくこと、さらには、こうした実践や理論化の試みを通して、私たち自身がコーディネータ的な能力を高めて行くことも大きな目標としています。

運営メンバー

藤木秀朗(文学研究科)
茂登山清文(情報科学研究科)
洞ヶ瀬真人(国際言語文化研究科先端文化講座博士後期課程)
松田愛(名城大学非常勤講師)
水川敬章(名古屋大学大学院博士研究員・愛知教育大学等非常勤講師)
水野勝仁(名古屋芸術大学非常勤講師)
渡邊拓哉(国際言語文化研究科先端文化講座博士候補研究員)

フォーラム

2009.02.20
フォーラム第1回 佐藤守弘「故郷とノスタルジア」
2009.04.23
フォーラム第2回 友田義行「映像と言語をめぐる論争」
2009.07.27
フォーラム第3回 生井英考「映画における戦争と人種」
2010.01.29
フォーラム第4回 平倉圭「泥の解読:ロバート・スミッソンのダイアグラム」
2010.04.28
フォーラム第5回 金井直「彫刻というコスメティック―カノーヴァとペノーネにふれながら」
2010.09.15
フォーラム第6回 浜野志保「念写術と写真術―パラノーマル写真史の構築へ向けて」
2010.12.17
フォーラム第7回 戸田山和久・井上研「脳画像を用いた認知研究の落とし穴」
2011.03.01
フォーラム第8回 ミツヨ・ワダ・マルシアーノ「デジタル時代の日本映画」
2011.05.18
フォーラム第9回 岩城覚久「もうひとつのVR ─イメージ・プロセッサとしての身体をめぐって」
2011.10.28
フォーラム第10回  秋庭史典・粟田大輔・水野勝仁 「『あたらしい美学をつくる』の楽しみ方」
2012.07.11
フォーラム第11回 朴炫貞氏・荒川歩氏「映像を通して視覚を拡張する映像ワークショップ:美術/教育と心理学の対話」 
2012.08.02
フォーラム第12回 (特別企画)「映画をとおして原発と社会を考える」  鎌仲ひとみ監督トーク+映画上映
2013.06.13
VSN Forum XIII "Introducing Fresh Currents: For Local/Global Interactions in Cinema and Photography at Nagoya"
2013.11.13
フォーラム第14回 (特別企画)「映画でフクシマを問う」:『A2-B-C』上映+イアン・トーマス・アッシュ監督トーク

page top